2017.8.4
2017年度「ジュニアアスリート応援プロジェクト」を実施しました

 

2017年8月1日(火)、ブライトペガサスの選手が地元の小中学校を訪問しソフトボール教室を行う「ジュニアアスリート応援プロジェクト」を実施しました。

2017年度 対象校

豊田市立若園小学校、幸田町立幸田中学校

活動リポート

事前にいただいたリクエストを基に選手自らがメニューを考え練習に臨みました。
ブライトペガサスの選手達は分かりやすい説明を心掛け、生徒一人ひとりに丁寧な指導を行いました。
猛暑日にも関わらず、暑さを吹き飛ばすような元気に楽しむ生徒の姿に刺激を受けた1日となりました。
参加生徒の皆さんからは、「今までやったことのない練習が沢山あって楽しかった、またこのような教室をやって欲しい。楽しい雰囲気だけでなくそれぞれの場面で真剣に取り組むことの大切さを学べた。教えてもらったことを試合で実践したい。」などの嬉しい感想をいただきました。
 

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

ジュニアアスリート応援プロジェクトを終えて

<#11 山根すずか 選手>
いつもとは違い教える立場としてうまく伝わるか、楽しんでもらえるのかなど不安もありました。でも積極的にどうすればいいのかなど質問をしてくれて助かりました。教えることで自分自身も初心に戻り、基本の大切さを感じることもできました。この経験をしっかり活かしてソフトボールに取り組んでいきます。
<#18 山口美紀 選手>
今回指導した子供達はとてもレベルが高く、指導したことをすぐに飲み込んでくれました。積極的に質問をしてくれたので自分達の勉強にもなり、楽しい時間になりました。また、基本を教えることで自分達も見直す時間にもなりました。

ジュニアアスリート応援プロジェクトとは

2010年から今年で7回目となる当活動はデンソースポーツ強化部(女子バレーボール部・女子バスケットボール部・女子ソフトボール部・女子陸上長距離部)の選手が、当社製作所のある愛知県・三重県の小中学校に訪問し行うスポーツ教室です。選手と交流することでスポーツの楽しさ・面白さを感じ、小中学生の技術向上につながる活動ができればと考え、毎年夏休み期間中に実施しています。

≪ ひとつ前に戻る